《五円》なき衆生は度し難し  

ミクストメディア _ サイズ可変(2019- )

DSC_0652.JPG

  水石五円玉招き猫流れ星彗星色々、言葉や言語は妥協された手段として使用される一方、ものを信じるか否かによってお互いにずれが生じる(にしても語のあいまいが最ももどかしい)。ずれや曖昧さこそが僕たちを動かす原動力だ。金がなくてルイヴィトンが買えないが、コープで貰ったエコバッグにその名を付けた。ヒルトンホテルの受付では可愛らしい招き猫ちゃんが見当たらない。安倍晋三の財布内に五円玉か蛇の抜け殻が入ってあるのかしら。にも拘らず、僕は信じたい。風水でもなく宗教的迷信でもない。信じないとずれが消えてしまうので、僕が信じたいものを信じてあげたい。